レーシックの基礎知識

メガネやコンタクトをして日常生活を送っている人は、レーシックという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
視力回復方法の一つとして、選択肢の一部になりました。

普段メガネやコンタクトをかけたり、つけたりすることに煩わしさを感じる人も多いかと思います。
今までメガネで、耳や鼻に負担がかかり、ひどい人は頭痛の原因になる人もいます。
またコンタクトにおいては、毎日洗浄が必要になります。
目以外の負担は無いにしても、使うために毎日のケアが必要になります。
それが面倒だと感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな人はレーシックによる施術で、裸眼の状態で日常生活を送ることができます。
何も身につけなくても、日常生活が送れるのならばこんなにいいことはありません。
視力回復の方法としてレーシックはとても魅力的です。

しかし魅力的なものだと知りつつも、なかなかレーシックに踏み込めない人も多いのではないでしょうか。
一番の理由はレーシックは、目の手術だということです。
目に直接メスを入れると想像しただけでも、怖く感じてしまいますよね。
もしものことがあったらどうしようと思い、ためらう人がほとんどです。
そんな人でも、レーシックに対する基本知識さえきちんと持てば、不安要素は取り除けるといえます。

まずレーシック施術において、失明したという症例は、過去さかのぼっても1件もありません。
施術を受けた人のほとんどの人が、術後の経過に満足されています。
もっと早くやるべきだったと、後悔される人の方が多いようです。

そもそも視力の低下は、近視・遠視・乱視など様々です。
これらの原因になっているのが、屈折の異常から起きています。
この屈折異常を、正常の屈折率に矯正する施術がレーシックです。

なので角膜をレーザーで削り、屈折率を変えることで、裸眼で生活できるような状態になります。
手術方法も、技術の進化により様々な方法があります。
レーシック施術で使われるレーザーの機械によって、大きく金額が変わってきます。
選択肢が増え、今まで施術が不可能な人でも可能になったケースもあります。
また目の悩みに合わせた施術方法が選べるので、安心してレーシックが受けれます。

ほとんどの眼科でまず目のカウンセリングを受けてから、自分の条件に合ったレーシック施術を受ける形になります。
なので、納得いく説明と施術方法だと思ったら、そこで初めて施術を考えればいいのです。
まずは一度、相談してみることお勧めです。