レーシックを行う条件

最近レーシックによる視力回復をされる方が多くなっています。
これだけ注目を浴びている施術法ですが、必ずしもだれでも受けれるというわけではありません。
過去にカウンセリングで施術ができないと言われた人もいます。
しかし技術の進化とともに、施術できる人の範囲も拡大していること確かです。

レーシックを行うにあたって、条件とはどのようなことがあるのか考えて行きましょう。
レーシックを正しく認識するためにも、知っておきたいことだといえます。

まずレーシック手術をするにあたって、必ず適合検査というものが行われます。
ここで、レーシックできる環境にあるのかを検査します。
検査内容は、眼科検査と医師の診察の二つに分かれます。
どちらも問題ないと言われた人のみが、レーシック手術を受けられます。
適性検査を受けた人のうち、およそ4人?5人に1人は手術ができないといわれています。
なので基本、適応検査にクリアできれば、レーシックを行う条件がクリアになるということです。

それでは、適応検査に不適応とされる人は、どのような人なのでしょうか。
以下の場合に適合した場合、レーシックを受けるのが難しいと言えるでしょう。

まず一つ目は、年齢です。
20歳未満の人、もしくは病院によっては18歳未満の人は不適合としている所もあります。
なぜなら、まだ20代は成長期とも言えます。
なので、視力の低下がまだ進行形であることが多いです。
レーシックを受けたとしても、数年後にはまた視力低下してしまう可能性があるからです。

二つ目は、妊娠中、もしくは授乳中の女性です。
妊娠・授乳中は、女性ホルモンのバランスが不安定な状態だからです。
また術後に使用する目薬などが、胎児や新生児への影響の有無についてはっきりしていないこともあげられます。

三つ目は、目に疾患がある人です。
例として、白内障・縁内障・網膜疾患・円錐角膜などがあげられます。
これらの疾患があると、術後の経過に影響を与えます。

四つ目は、目以外の病気がある人です。
重度の糖尿病・アトピー皮膚炎・膠原病などの持病を持っている方は受けれません。

五つ目は、目の状態によって受けれない人もいます。
角膜の厚さが無い人は、レーシックを受ける際にラップ部分が確保できない場合があります。
再度レーシックす術を受けることも想定して、やり直しがきかないほどの厚さしかない場合はお勧めしません。
また角膜の内部細胞が、少ない人もうけられません。

六つ目は、視力の状態です。
近視、乱視などの症状があまりにも、重症な場合はレーシックが受けれないことがあります。

細かいことをあげれば、いくつか他にもありますが、これらが多くの人が不適合といわれる理由です。
しかし、自己判断でできないと判断するのではなく、まずは適合検査を受けることをお勧めします。
医師と相談した上で、不適合の場合は理由を理解しておきましょう。
なかには不適合といわれて人でも、多くのレーシックの施術方法をもつ病院であれば、レーシックが可能な場合もあります。