レーシックの主な流れ

ここ数年において、視力回復の新しい方法としてレーシックが注目されています。
レーシックが注目されるまでは、視力回復には必ず何かを装着しなければいけませんでした。
最初はメガネから始まり、かけたり外したり、耳や鼻への負担から、コンタクトレンズが開発されました。

コンタクトレンズが普及し、多くの人が利用するようになりました。
コンタクトレンズは、一見見た目では視力が悪いとはわかりません。
しかし使用している本人は、1日目の中レンズを入れておかなければいけない状況が続きます。
目をこすったりすることができなかったり、レンズを毎日洗浄しなくてはいけないなどの手間はかかります。

それらの理由から新たに、レーシックという視力回復方法が生まれました。
レーシックとは、今までと大きな違いは、何も装着しなくても視力回復が可能なところです。
色んな煩わしさが無くなり、気分が大きく変わります。

ただしレーシックは、目の手術ということです。
目に直接メスを入れるということに対して、抵抗がある人もいるかと思います。
しかし、技術の進化とともに、治療に対する不安や術後のケアなどのサポート体制がどの病院でも行われています。
なので施術を安心して受けれる環境が、整ってきています。
こちらのレーシックの間違った知識というサイトもぜひ、ご覧ください。

それでは、実際レーシックを受けるにあたって、どのような流れで行われるのか理解しておきましょう。
まず最初に、レーシックが受けれるかどうかの、適合検査を受けます。
適合検査とは、眼科検査士によって目の検査が行われます。
その後、施術を行う医師の診察があります。
この時に、レーシックに対する不安や・心配ごとをきちんと解消しておくことです。
医師と納得いくまでしっかり話をしましょう。

特に術後視力回復をどこまで希望しているのかは、術後のケアにも影響してきます。
なので、術後こうありたいという希望をしっかり伝えておきましょう。
そうすること、術後のトラブルも回避することができます。

手術を決定した場合、手術当日までにコンタクトレンズなど既定の日数外して生活するなどの注意点があります。
これらを守って上で手術当日を迎えましょう。

手術当日は、もういちど精密検査を行います。
手術前の目の状態を確認し、施術可能と判断した場合、目に麻酔をかけていきます。
目の麻酔も注射ではなく、目薬タイプのもなので、恐怖感はありません。
まず角膜の表面をめくるように削り、フラップといわれるふたの部分を作ります。
このフラップを作る時間は、わずか数秒でできます。
その後角膜にエキシマレーザーをあてて、角膜をけずりながら屈折異常を矯正します。
この時に人によっては、圧迫感を感じる人もいます。
しかし、痛みを伴うわけではないので、安心してうけることができます。
矯正が終わった後、最初に作ったフラップを元に戻します。
自然とくっつくのを待つことになります。
術後は、暗室で30分ぐらい体を休めます。

この時にかゆみや違和感があったとしても、決して目を触ったりこすったりしてはいけません。
必ず医師の確認をとって、処置してもらいましょう。
最後に感染症やドライアイなどの対策に、点薬をされます。

手術に関しては以上の流れです。
術後の定期検査を行うことを消して怠ってはいけません。
必ず行くようにしましょう。