視力とレーシックの関係

現在視力の低下が大きな問題となっています。
それは大人だけではなく、子供まで視力低下の減少が起きています。

昔はの写真などを見ていると、あまりメガネなどかけている人がいません。
今高齢者といわれている年代の人が、若い時にメガネなどしていたという話はあまり聞きません。
年齢を重ねて老眼になりメガネをする人は、たくさんいます。
なので昔は、メガネといったら、老眼鏡というイメージが強く残っています。

現在20代のメガネをかける率は、72パーセントもいます。
そのうち視力矯正のためにメガネをかけていると答えた人が、94パーセントでした。
ということは、ほとんどの人が視力の低下の為にメガネを使用しているということになります。

これだけメガネの需要があるということは、現代の視力低下がとても深刻な問題になっているということが分かります。
さらに子供の視力低下も問題視されています。
小学生の25パーセントが、視力が1.0未満で、中学生になると50パーセントと倍になっています。
さらに高校生になると60パーセントの割合で、視力低下が起きています。

このような視力低下が進んだ要因は、生活環境の変化が大きくあげられます。
特にゲーム機が普及したことで、1点を集中してみることが多くなりました。
瞬きをせず夢中になっているので、目の角膜が乾燥して、涙の層が薄くなってしまいます。
これが視力低下へとつながってきます。
またゲームやパソコンから出ている光が、目の網膜に悪影響を与えてしまいます。
網膜は、左右の視力が合わさって映し出す大事な部分です。
その部分の損傷は、視力低下に大きくかかわってきます。

これだけ若年層において視力低下が進んでくると、今度視力回復の方法としてレーシックの需要がより高まります。
今はレーシック手術は、未成年では行うことができません。
なので、今の未成年が成人になるころには、レーシックの対象になる市場が一気に広がります。
またまだレーシックが認可されて10年ほどなので、現在術後の長期経過のデーターが少ない状態です。
術後経過の不安から躊躇している人も多いかと思います。

これが、未成年のが成人になったころには、十分なデーターも揃うことになります。
よって、より精度がたかいレーシック施術法が生まることにつながります。
また術後の長期間のデータがあることで、安心して手術を受けるきっかけになります。

今後ますますレーシックは視力回復の一つの方法として、確立していくのは間違いないでしょう。