遠視にはレーシック

現在の視力低下の原因は、近視、遠視、乱視の三つが主な原因といわれています。
日本人の中で、最も多いのが近視です。
その近視と全く逆の症状が遠視といわれています。

近視はよく耳にするので、知っている人も多いかと思います。
遠視は、あまりよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

視力が正常な人は、普段遠くを見ている時は、ピントを合わせることなく普通に見ることができます。
近くの物を見るときに、調整力を使いもがしっかり見えるように目に働きかけます。
しかし遠視の人は、遠くを見るときもピントを合わせる為に調整力をつかってしまいます。
なので近くの物より、遠くの物の方がはっきり見えるといった症状がでます。

もちろん遠視の人も、近くものを見るときも調整力を使っています。
なので常に目の近くの筋肉を使い続けている状態になります。
なので、遠視をかけている人の多くは、目が疲れやすく、肩がこりやすいといった症状を訴えています。
常に目が休まることがなく、筋肉を使い続けているわけですから、より疲れはたまりやすいのは当然です。

遠視にも近視と同じく、屈折性遠視と軸性遠視の二つに分かれます。
どちらも網膜ではピントが合わず、網膜の後ろで焦点が結ばれた状態です。
屈折性遠視の場合は、角膜や水晶体の屈折する力が、極端に弱くなってしまっているために遠視になります。
軸性遠視の場合は、眼軸が短すぎる為、網膜を通り過ぎて後ろでピントがあってしまう状態です。
どちらにしても、メガネやコンタクトで視力回復する必要があります。
レーシックに向く人・向かない人については、こちらのサイトをご覧ください。

また遠視は、子供たちの中でも広まってきています。
強度の遠視のまま放置しておくと、弱視になる可能性もあります。
また弱視は、成長過程において影響が大きいものです。
はっきりとものが見えないことで、理解力が低下し脳の発達障害にもつながってしまいます。
このように遠視は、深刻な問題の一つです。

特に遠視の場合は、常に目の筋力が調整しようと働いている状態です。
視力測定には、調整力を休めせて測らなくてはいけません。
重度の場合は、麻酔をかけて計ることもあるほどです。
なので、正確な視力を測ることが難しく、目を何度もメガネを変えたりしなければいけません。

なので遠視対策には、レーシックがお勧めです。
レーシックでの適合検査で、しっかりと計測を受けておけば術後は何度も視力矯正する必要がありません。
しかも今までは、近くでも遠くでも物を見るときには、眼の筋力を常に使い続けていました。
それが大幅に軽減されることで、眼精疲労からくる目の疲れや肩こりの解消にもつながります。