老眼にはレーシック

近年における視力低下はかなり深刻なものになっています。
以前視力の低下といえば、老眼が一番に挙げられました。
しかし今では、近視が一番多くなり、それだけ目に負担のかかる日常生活になってきているということが言えます。
なので老眼も今では、かなり年配の方というイメージでしたが、若年層でも老眼の症状が出やすくなっています。

よく老眼と遠視は同じような症状なので、勘違いしやすい人が多いです。
しかし、症状は似ていても、原因は全く違います。
遠視は、角膜の影響により、網膜で交わるはずの視点が交わることができず、網膜を通り過ぎた所でピントが合った状態です。
老眼は、水晶体の弾力性が年齢によって失われ、それによって調整力を失ってしまう状態を指します。
そうなると、近くの物がぼやけて見えるようになってしまいます。
多くの人は40代から50代になると、老眼の症状を感じます。

今まで視力矯正してたことがない人でも、年齢とともに必ず老眼の症状は出てきます。
今まで矯正したことがない人は、近くの物を見るときのみに老眼対応のメガネを掛ければいいのです。
しかし、もともと近視や遠視、乱視の症状があって視力矯正を行っている人には、新たに老眼が加わることになります。
さらに視力の調整が難しくなり、メガネやコンタクトの作り替えが必要になります。
いまでは遠近両用のメガネがありますが、コンタクトの場合は老眼鏡との併用になってきます。

そこで今注目されているのが、老眼対策にレーシック治療が可能だということです。
過去に老眼対策でレーシックを受けた人の中には、近くは見えるが遠くがぼやけるといった症状がありました。
それを解決するために、レーシック治療の中でも各クリニックによって老眼対策のレーシック方は様々です。
遠近両用と白内障に対応しているレンズを入れるものや目の中にカメラを入れるものなどがあります。
老眼のレーシックの場合、眼の中に物を入れることが多いので、抵抗を感じる人も多いです。
しかし、実際施術を受けた人は、術後しばらくは気になるが、数ヶ月もすれば違和感なく過ごせる人がほとんどだそうです。
むしろ、老眼鏡などを持ち歩いたり、かけたりする手間がない生活が快適だと感じるようです。

老眼にはレーシックがお勧めですが、各クリニックによって治療方法が異なります。
自分の希望に合わせて、しっかりと相談したうえで決めた方がいいでしょう。