食べ物と視力の関係

今現在に日本人の半数以上が、視力の低下を訴え視力矯正が必要としている人がいます。
数十年前に比べて何倍という人が、視力の低下による日常生活の不便さを感じています。
なぜそのようなことが起きてしまったのか、その理由には毎日の生活環境の変化があげられます。

特に生活環境においては、テレビやゲームやパソコンなどを長時間見ることが多く、眼精疲労につながっています。
また常に近いものを見ることが多い生活が増えているということもあげられます。
特に子供は、外で遊ぶことがすくなくなりテレビやゲーム機など、小さい画面をずっと見たりしています。
すると目の乾燥がすすみ涙の層が減ってしまうことで、角膜が薄くなってしまします。

また外で遊んでいる場合、遠くの物を見ることが多くなります。
人間の目は遠くを見るときには、視点を合わす必要がなく自然とみることができます。
近くを見るときに初めて視点を調整して、物事を見ます。
なので遠くを見ることは、目の神経を休めてあげることにつながります。
今後デジタル化が進んでいる現在で、このような生活環境を変えることは難しつつあります。

視力回復に近づくためには、やはり生活習慣の改善が一番です。
それと同時に、目に良いとされる食べ物を積極的に摂取することで、視力回復の方かは期待できます。
目にいいものとしてよく認識されているのが、ブルーベリーがあげられます。
ブルーベリーには、アントシアニンという成分が含まれています。
この成分が、目の眼精疲労に効果的で、近視の進行を抑制する働きがあります。

またホウレンソウ・ブロッコリや青汁の主成分ケールに、共通して含まれているルテインという成分も効果的です。
ルテインは、年齢とともに弱まっていく水晶体の酸化予防をし、白内障の予防へとつながります。
また紫外線からも予防してくれるので、とても優れた栄養素です。

視力回復を目的であれば、水晶体や網膜を作り上げているたんぱく質をとることがお勧めです。
また近視や遠視のによって目の周りの筋力への負担がかかっているので、筋力アップのためにビタミンやミネラルをとるのも大事です。
それぞれの栄養素に合わせて、食事をバランスよくとることが必要になります。
またこれらを多く含んでいる物として、ブルーベリーやウナギがあげられます。
日常の生活に少しでも多く取り入れて行くといいでしょう。