日ごろの生活から出来る視力回復

現在社会において、視力低下で悩んでいる人がかなり増えてきています。
日本人口の6割から7割は、視力矯正が必要と判断されています。
ここまで多くの人、視力低下に陥っているということは、日常生活の影響が大きいと考えられます。
なので視力低下は、だれもが起きてしまいやすいものでもあります。

日常生活の変化が視力低下の増加につながっているのであれば、日常生活の改善が視力回復へとつながります。
しかも日常生活の中で、無理なく簡単に行えることで十分視力回復につながることはあります。
その方法をあげてみたいと思います。

まず一つは、食生活の変化です。
目に良い食べ物を積極的に取り入れることを心がけることです。
よく言われるのが、ブルーベリーやウナギです。
これらは、目の眼精疲労に効果的な栄養素を多く含んでいます。
それだけでなく、目の水晶体や網膜に必要なたんぱく質が豊富です。
また眼球の周りの筋肉の働きを高める、ビタミンやミネラルも含んでいる食べ物です。

他にもホウレンソウやブロッコリーなどに含まれるルテインという栄養素も目に良いとされています。
紫外線から受けるダメージを防止したり、白内障の予防にもルテインは効果があります。
特に緑黄色野菜は、ビタミンが豊富に含まれています。
なので普段の食事の中で積極的にとりいれましょう。

他にも日常的な生活の中でとりいれて行きたい、視力回復法はいくつかあります。
まず長時間パソコンを見たりして目の疲れた場合は、目を温めて休めるようにしましょう。
目が充血していると感じたときには、目を冷やした後に温めると目の疲れがとれます。

また物を見るときの距離感をきちんと保つことが大事です。
本は30センチ、パソコンでは50センチ、テレビは2メートル以上を保つことが良いとされています。
このような距離感を保つためには、姿勢を良くしなければ保てません。
なので姿勢気にしながら、距離感を保ちましょう。

また他には、目の休息する時間を確保することです。
一日の睡眠時間を6時間以上確保しましょう。
長時間目を休めるには、睡眠しかありません。
その時間を削ってまで起きていたら、目の負担はますます増えてします。

長時間パソコンを使ったり、裁縫など一点を見続ける作業をしている時は、こまめな休息をとりましょう。
目安としては、一時間のうち10分は目をとじたり、遠くを見つめたり、首や肩を回したりなど休息をとりましょう。
長時間同じ視点でいることは、視力低下だけでなく、ドライアイなどの症状も起きてしまいます。
なるべく目を休める時間を確保しましょう。

このように日常生活で、ほんの少しのことで目の負担は軽減させることができます。
目の負担の軽減は、視力回復へ大きくつながります。