ストレスと視力の関係

現代社会において、視力低下は多くの人が抱える問題の一つです。
なぜなら日本人口のうち6割?7割が視力低下が原因で、視力矯正が必要だと自覚しているからです。
ここ数年、メガネの専門店がとても増えてきていると感じます。
その背景にも、視力低下人口が増え、需要が多くなったからだといえます。
そして、子供や若年層の視力低下が特に目立ってきています。
外見を気にする年代なので、メガネも外見を大きく左右するものの一つとして考えられています。
だからこそ、メガネ専門店も増えてきているのだと感じます。

ここまで視力低下が進むと、日常生活の影響力も大きいと考えられます。
視力低下には、普段の生活の変化だけでなく、精神的なものも起きな理由の一つとして考えられています。
それは、ストレスです。

ストレスを感じるとき、どのような生活になってしまいますか?
一番最初に起きることといえば、睡眠障害です。
ストレスを抱えると頭で色々考えてしまい、なかなか気になって眠れない状態になります。
そんな日が何日か続くと睡眠障害となって、睡眠時間がどんどん削られてしまいます。
睡眠時間が減るということは、その分起きている時間が長くなります。
すると目が休まる時間も減り、眼精疲労へとつながってしまいます。
ストレスはため過ぎてしまうと、視力低下にもつながります。

また人がストレスを感じるとき、イライラしたり、長時間考え込んだりしてしまいませんか?
そんな時鏡で自分の顔を見ると、眉間にしわがより、目の周りに力が入ってしまっていることが多いです。
このように目の近くの筋力を常に使い続けていると、目の視力を調整する力が働きにくくなります。
これによって視力低下が起きてしまいます。
また精神的ストレスによっておきる、自律神経失調症によっても神経バランスが崩れて筋肉が固まってしまいます。
これにより目の周りの筋肉にも影響をあたけ、視力低下へとつながってしまいます。
一見あまり関係ないようですが、ストレスが視力低下に影響があることがよくわかります。